イタリア就職までの流れ

求職それでは私自身がイタリア就職を果たすまで、どのような道のりをたどったのか、簡単に年表にまとめます。

活動開始1ヶ月目
履歴書作成と同時に、ネット、求人誌などで職探しを開始。
はじめは自分の興味のある職種に絞って選考、履歴書の送付を行っていたが、なかなか面接の機会すら得ることも出来なかった。
Centro per Impiego(イタリアのハローワーク)にも登録。
3ヶ月目
ネット、求人誌、Centro d'Impiegoなどで職探しを続ける一方、自ら履歴書を持参し、各企業へ直接訪れての職場訪問を50社以上実施。
職種を絞っていては面接のチャンスすら得られないことに気付き、この頃から、応募できるものには片っ端から履歴書を送付する。
職場訪問をした会社のうち、数社から面接の連絡、その後、正式雇用の通知を受ける。
5ヶ月目
語学学校への通学を続けながら、就学用滞在許可証に認められている、週20時間のパートタイム契約で働き始める。
但し最初の3ヶ月は研修生としての契約。
8ヶ月目
晴れて正社員として雇用される。
但し、相変わらずDecreto Flussiが解禁になっておらず、就学用滞在許可証で、語学学校への通学を続けながら、週20時間のパートタイム契約の正社員として働く。
10ヶ月目
Decreto Flussiの解禁。
就学用滞在許可証から就労用滞在許可証へ書き換えるため、企業側からDirezione Provinciale del Lavoro(地方労働局)へ申請手続きを取るよう、働きかける(当時はオンラインでの申請ではなかった)。
11ヶ月目
就労用滞在許可証の取得。
週40時間のフルタイム正社員として、働き始める。
その後
転職も経験し、現在に至る。

スポンサーリンク

イタリアのATMで使えるキャッシュ・カードとプリベイド・カード

総合口座キャッシュカードは、イタリア全土のATMでユーロ引出し可(引出手数料無料)。


楽天銀行も国際キャッシュカードとして利用出来ます。引出手数料無料。


JTB発行、世界で使えるキャッシュカード。日本の家族から仕送りも。


イタリア滞在中は治安の為にも、カードを使おう

顔写真付きを選べば、万一の場合も安心。初年度年会費無料。


年会費永年無料のクレジット・カード。入会審査が比較的甘め。


イタリア行き格安航空券を探す

世界中の航空会社から、最安値を検索+購入できるとても便利なサイト。


15年以上の実績有り。他社と較べても、とにかく航空券が安い。


格安航空券、定番中の定番といえば、H.I.S.時期限定セールも。


スポンサーリンク